PAN- PROJECTS

Tentative Face

本プロジェクトは、World Architecture Festival とスロベニア建築デザインミュージアム(MAO)の共同で行われた設計競技、We are Renovating!のためのプロポーザルである。
敷地はスロベニアの首都、リュブリャナに位置する古城であり、現在は建築ミュージアムとして使用されている歴史建造物の中庭に在る。近い将来建築全体のリノベーションを行う計画があり、本コンペでは中庭空間の空間的可能性を示す空間インスタレーションを求められていた。
本プロポーザルは2nd Prizeを受賞した後、プロジェクトブックとして出版され、またPAN- PROJECTSはMAOでのエキシビションとレクチャーに招かれた。

Description

Tentative Faceは中庭全体に可変な仮設の面を作ることで、その空間性を大きく変容させることを可能にするインスタレーションである。
空間とはすべからく、ある時間の中の一瞬の表情でしか無い。しかし一度その空間が建築化されてしまうと、それはとても硬く永遠にその状態性を保持するもののように感じてしまうものである。Tentative Face はその内部に軽やかに変化する面を挿入することにより、現在空間を支配している仮の空間性も可変的なものであるという事を示し、この建築のリノベーションに関する議論を多様な観点から引き起こそうとするものである。

全体にかけられた面は中央部に位置する吊り上げ点により上下することができるようになっている。通常時は地面に接しているこの面は中庭全体を3つの性格を持つエリアに分割し、スロベニアの強い日射を遮る庇護をもたらす。 イベント時には、全体が空中へと持ち上げられることにより中庭を一繋がりの巨大な空間へと変容させる。こうしたダイナミックな空間変化を日常的にこの歴史建造物の中心で起こすことにより、人々の空間に対する意識を変容させ、異なる視点からこの建造物の将来を議論することができるようになる事を目指している。

Information

LOCATION
Ljubljana, Slovenia
DATE
May, 2019
AREA
1000m2
FUNCTION
Spatial installation
STATUS
Competition, 2nd prize
ORGANIZER
MAO(Museum of Architecture and Design in Slovenia), Future Architecture