PAN- PROJECTS

K- hair salon

K-Hairsalonは、三重県伊勢市に位置する美容室の内装計画である。
クライアントの、子供から大人まで訪れる町に根付いた美容室にしたいという要望を達成するため、我々は本プロジェクトにおいて外部から切り離されがちなインテリアデザインを周辺から建築、そして内部空間までの一連の体験がシームレスに接続されるよう、色をコンセプトに設計を行っている。

Description

美容室が入居する既存の建物は、異なるトーンのピンク色で仕上げられた特徴的な外観を持っており、我々はこの特徴から切り離して内部空間を形作るのではなく、この色を内部空間へと引き込むことで外部と内部をシームレスに繋ぐ豊かな空間体験を生み出すことが出来るのでは無いかと考え設計を行った。

45㎡という比較的狭小な空間に、美容室の必要機能を効果的に配しつつ各エリアに適度な自立性を保持させるため、我々は異なる素材やそれに伴った色合いを持つ、多様な建て具を配置している。色調は外壁の薄ピンク色から始まり、内部空間の奥へと進むにつれ色が濃くなるようデザインされており、外部から内部へ色を巡る体験を創り上げると同時にこの狭小な空間に奥行きを与えている。

エントランスに位置する受付エリアは、薄ピンク色のタイルと濃いテラコッタ色の棚で作られたレセプションデスク、そして薄ピンク色のアルミ合板と戸棚の組み合わせで構成されている。これら一連の建て具は、エントランス周辺の動線を自然に誘導すると同時に、奥に位置するシャンプーエリアのプライバシーを、視線をコントロールすることで守る機能を併せ持っている。

レセプションエリアは受付のみとしてではなく、待合エリアとしてカフェのように一息つく場所としての役割を持っており、訪れた人々を迎え入れる、町との開いた接点として機能している。

最深部に位置するシャンプーエリアは、濃いトーンのマテリアルに囲まれることで落ち着いた雰囲気を演出すると同時に、垂れ壁によってシャンプーエリアとスタッフの作業スペースを区切ることでよりリラックスした空間を作り出している。

このように、我々はK-Hairsalonにおいて、異なる色や素材を、各エリアの機能に合わせて組み合わせていくことで、各空間の機能的な要求に対応すると同時に、外部から内部へとシームレスに連結する空間性を生み出している。狭小なスペースを広い外部のコンテクストと結びつけることで、空間に奥行きを持つ豊かで多様なインテリア空間を達成した。

Information

LOCATION
Ise, Japan
DATE
May, 2018
AREA
45㎡
FUNCTION
Hair salon
STATUS
Built
PHOTO CREDIT
Yousuke Ohtake